MESSAGE

‘ &designが大切にしていること ’

らしさ と 調和

Identity & Balance

&designの考える「らしさ」

Identity

伝えたいことを、伝えたい人に届けるために、
デザインには大切な下準備があります。

デザインとは、ただ見た目を飾りつける作業ではありません。
まずは目的や特徴などの情報を整理し、想いを組み込み、
誰に向けてどのように見せるかを考えながら、
写真やイラストや図形、文字の配置、配色などを整え、形にしていきます。

&designではお客さまと対話を重ね、複数の方向性を探りながら、
お客さま「らしさ」、その商品「らしさ」を一緒に見つけていくことが
デザインのスタートだと考えています。

今まで多くのお客さまと接してきた中でよく感じるのが、
お客さま自身が気づいていない部分、当たり前に思っているような部分に、
本質的な魅力や他には無い「らしさ」が潜んでいることがあるということです。

「らしさ」をデザインに取り入れることで、
オリジナリティが生まれ、魅力が際立ち、
さらに人の心を引きつけるものになると考えています。

To convey your message to the right audience, there are important preparations in design process.

Design is more than just decorating the look. First, organize information such as a purpose or features. Next, incorporate your thoughts in it. Define your audience and plan how to present the information. Lastly, give it a shape by arranging the materials (photos, illustrations, texts etc.) and fixing color schemes.

We believe the first step of design process is finding the “identity” that is unique to oneself. What makes the client and its product differentiate from others? Through active dialogue with the client, we seek several courses of actions together with the client.

One’s “identity” can be found in which the client was not expecting - somewhere one took for granted or was not aware of. I have felt it many times while working with various clients.

By incorporating that "identity" into the design, it will acquire originality to highlight its charm, and makes it more attractive.

Balance

&designの考える「調和」

モノやサービスは、使う人がいてはじめて機能するものです。

「こんな人に届けたい」「これを使うことでこうなって欲しい」
といった、お客さまの想いや目指すところと、
ユーザーが本当に欲しているものは何か、といったところを探りながら、
その双方の調和を取りつつデザインすることを大切にしています。

日々使うもの、よく目にするものであればなおさら、
心地良いものであったり、ワクワクしたり、気付きや発見があったり、自信を持てたり。
そういった人の気持ちを動かす要素も、デザインの担う役割です。

調和を取ることで、
お客さまとユーザーの2つの点を結ぶだけではなく、
使われるシーンや空間、まわりの環境、そこから生まれるストーリーなど
その周辺まで円を描くように、波紋を広げるように、
デザインによるいい影響が広がることを意識しています。

Goods and services only work when there are people who use them.

"We hope our services will reach such people", "We hope the users will achieve this with our product." When we design, we respect such expectations from the client, while finding out the needs of the users. It is important for us to incorporate these two voices, one from the client and the other from the users, and put them in harmony in a design.

Good design can make you feel comfortable, excited, aware, and confident, especially if it's something you use every day or see often.

Design also has a role to play in moving people's feelings.

Bringing harmony is not just about connecting two points, a client and a user. We hope our design will spread the positive impact to its surroundings - the scene, the space, and the surrounding environments where the products will be used, and the stories that emerge from them – just as ripples spreading out in circle in a water.

CASE STUDY 制作事例と参考価格

過去の制作事例と合わせて参考価格をご紹介しています。デザイン費の目安としてご覧ください。